【体験談】算数はスタディサプリ+教材2つで塾なし中学受験した話

ままんが
ままんが

『スタディサプリ』を使って、塾なしで中学受験をした話ってあまり聞かないですね。

塾なしで中学受験したこもんがは、『スタディサプリ』を中心に利用して受験算数の勉強をしました。

こもんがの場合、小6の夏休みまでは週5回習い事に時間が取られていたこともあり、いわゆる中堅校未満を目指していたのですが、使った教材が合っていたのか、4割くらいが旧帝医早慶に進学する学校に合格することができました。

受験算数の勉強には、スタディサプリの他にも2つの教材を使ったのですが、どの教材も良問揃いで解説がわかりやすく、習い事をせずに中学受験の勉強だけに集中していたら、もう少し難易度の高い学校も狙えたかも?と感じるほどの手応えがありました。

そして、塾なしでの中学受験に使った3つの教材の中でも、特に、スタディサプリは絶対に外せない存在でした。

『スタディサプリ』って、学習動画のなんでも屋さんみたいな品揃えで、ものすごい量の動画があるんですけど、うまく使えば最強の学習ツールだなというのが3年間を通して使ってみた感想です。

なぜかというと、塾なしで中学受験をする場合、まず、どうやって受験算数の「基礎」を固めるかが課題になってくるんです。

そして、スタサプの算数(応用編)は、「基礎を固める」という目的において完璧な教材でした。

なぜかというと、繰り返し先生の説明を聞くことができ、理解できていない単元については「基礎編」を利用して基礎の基礎を確認することもできるからです。

ということで、この記事では、習い事を続けながら『スタディサプリ』を中心に使って中学受験をしたこもんがの体験談を書いてみたいと思います。

算数の勉強に使った教材と役割

こもんがは算数の勉強に、『スタディサプリ』を含めて3つの教材を使いました。

3つの教材にはそれぞれ目的があり、『基礎を固める』、『応用力をつける』、『苦手の克服と実践的な力の強化』を期待していました。

そして、各段階で使った教材は以下のようになります。

算数の勉強に使った教材
基礎を固める
スタディサプリ
応用力をつける・基礎が身についているかの確認
四科のまとめ 算数
苦手の克服と実践的な力をつける
すぐる学習会』さんのサイトで公開されている問題

どの教材にも共通して言えることは、『解説がわかりやすい』ことでした。

塾なし中学受験で、家に勉強を教えられる人がいない場合は、ここがすごく大事です!

次は、各教材を使って学習した際の概要になります。

STEP
スタディサプリ 算数 応用編(基礎を固める)
受験算数は基礎ができないと話にならないです!

どれだけしっかりと基礎を固めたかがその後の伸びしろにつながるので、スタディサプリの算数(応用編)を進めていく中で理解が弱い場合は、関連する単元を基礎編で学ぶこともありました。

根気と忍耐が必要な作業なのですが、ここで学んだことが今後の伸びしろにつながるので、時間をかけてしっかりと学習しました。
STEP
四科のまとめ(応用力をつける・基礎が身についているかの確認)
塾なしで中学受験するにあたっては不安が多かったため、どの教科でも中学受験のエキスパートといわれる四谷大塚やサピックス、Z会、日能研などの教材も取り入れるようにしていました。

四科のまとめは受験算数に必要な力がついているかの確認と、少し難易度が高めの問題にも取り組む目的で使いました。
STEP
すぐる学習会さんの演習問題(苦手の克服と実践的な力をつける)
当初、参考書も利用するつもりだったのですが、すぐる学習会さんのサイトで公開されている問題は、その量、質とともに充分すぎる内容でした。

特に解説がわかりやすいことがありがたかったです。
ままんが
ままんが

ここからは、それぞれの教材ごとに、こもんががどんなふうに利用して勉強したかの体験談になります。

スタディサプリ 算数

まずは『スタディサプリ』算数 応用篇です。

スタディサプリなしに、こもんがの塾なし中学受験は語れません!基礎はこれで固めました。

というか、スタディサプリとの出会いがなかったら、塾に行かないで中学受験をしようなんていう大それたことは、まず思いつかなかったです。

中学受験だと、つるかめ算とか旅人算とかみたいな、◯△算がたくさんあって考え方と解法を理解しなくちゃいけないんです。

いわゆる特殊残ってやつですね。

かつて、自分の中学受験で苦い思い出のあるままんがとしては、子供が参考書を使って独学でこれをやるのってイメージできないです。

こもんが
こもんが

天才みたいな子だったらできるかも?

ままんが
ままんが

親が教えることができるとか?

こもんが
こもんが

ってことは、うちの場合は…

ままんが
ままんが

ちょっと厳しいね

スタディサプリだと、動画で説明を見たあとに付属のテキストの問題を解くっていう構成なので無理なく学習を進めることができました。

また、動画の長さもそれぞれ10分程度なので、こもんがの集中力も途切れなかったです。

特に、算数の応用篇を担当されている繁田和貴先生の教えかたは、すごくわかりやすくて聞いていてまったく退屈しなかったです。

勉強なのに退屈しないって、これほどありがたいことはなかったです!

塾に通っていてもイマイチ成績が伸び悩んでいる受験生や、算数が苦痛…というような人には、ぜひ繁田先生の講座を見て欲しいです!

繁田和貴先生の説明は、聞いているだけで頭が良くなった様な錯覚を覚えてしまうほどわかりやすかったです。

こもんが
こもんが

算数って楽しいんだ!って思ったよ

ままんが
ままんが

ままんがも生まれて初めてそう思ったよ

なお、スタディサプリで学習した時の詳細は長くなるので「スタディサプリを使った中学受験の学習方法と到達レベル〜算数編」、学習スケジュールについては「スタディサプリを使った中学受験の学習スケジュールの立て方〜算数編〜」の記事にまとめてあります。

スタサプを使った中学受験の具体的な方法に興味がある方はオススメです。

>>スタディサプリのお試しはこちらから

四科のまとめ 算数

『スタディサプリ』は、何度かくりかえして勉強したのですが、3周目くらいから、四谷大塚の「四科のまとめ」の問題にもとりくみました。

『スタディサプリ』のテキストは、基礎がためを中心に考えられた構成になっています。

解法を理解するためには、無理がなくてちょうど良いんですけど、考えかたがわかるようになってくると物足りなさを感じるようになりました。

こもんが
こもんが

いつの間にか解ける問題が増えてて、問題を解くスピードも上がったよ

なので、次のステップに進もう!!ということで、より多くの問題を解くことにしました。

いくつかの問題集を検討したのですが、四谷大塚の『四科のまとめ』は『スタディサプリ』のテキストから基本部分を除いたような問題と、もうひとひねりだけ必要になるような問題で構成されています。

ここまでの学習で中学受験で必要な知識が身についているかの確認と、応用問題に対応する力をつけるのにちょうど良さそうでした。

基本的な解法を『スタディサプリ』でしっかりと理解できていたこもんがは、「四科のまとめ」のうち、白い番号の基礎的な問題については解くスピードも早く正答率も高かったため、途中からは苦手な単元や、問題番号が黒い少し難易度が高めの問題だけ解きました。

もしかしたら、やらなくてもよかったのかなとも思うですが、中学受験のエキスパートである四谷大塚の問題集に取り組んだことは精神的な安心感につながりました。

ままんが
ままんが

四科のまとめの問題は、子供のころ中学受験したままんがも見たことある問題があったよ

こもんが
こもんが

し、昭和時代に?

ままんが
ままんが

…時空を超えて語りつがれる良問ってことかも…

こもんが
こもんが

時代じゃなくて、時空を越えちゃうんだ!?すごいパワーがありそう。

『すぐる学習会』の練習問題

こもんがは6年生の夏休みまでは『スタディサプリ』と四谷大塚の『四科のまとめ』を使って勉強してきたのですが、夏休みが終わってからはすぐる学習会さんの『まとめテスト』の問題を中心に勉強しました。

『スタディサプリ』も『四科のまとめ』も申し分のない教材なのですが、問題が厳選されている分その数に不安が残ります。

この頃のこもんがは、基礎はほぼ完璧で応用問題でも素直なものは解けていたので、とにかく色々な問題に挑戦して、より実践的な力をつける必要がありました。

『すぐる学習会』さんは、東京にある中学受験専門学習塾なのですが、ホームページで中学受験用の演習問題を無料(!)で公開されています。

モバイルでみると、トップページのずいぶん下の方に練習問題が掲載されているのですが、その量は膨大で多岐に渡っています。

そして、なによりも、それぞれの問題の解説がとても丁寧でわかりやすいのです!

しかも、良問揃いで、解説も丁寧で、無料なのが信じられないというか、ままんがは申し訳なく感じつつもありがたく使わせていただきました。

『まとめテスト』を使う以前にも、計算力をつけるために『中学入試用・計算問題集』や、苦手な問題をなくすために単元ごとの練習問題を使わせていただいていたのですが、どれも受験算数の力をつけるために役立ちました。

中でも、『よく出る図形100題』は、謎解きクイズの感覚で使えて楽しく勉強できました。
A4紙を四つ折りで一題分になっているので、持ち歩きやすく、外出先での隙間時間に眺めていることもありました。

こもんがが受験する予定だった学校は図形問題が多い出題傾向にあったので、図形を楽しく学べたのはとても助かりました。

こもんが
こもんが

三角形とかめっちゃ詳しくなったよ

ままんが
ままんが

とりあえず補助線引いたり、とんち大会みたいで楽しかったよね

また、すぐる学習会さんのサイトでは無料の問題だけでなく、卒業生本人による進学先の学校紹介や合格体験記などもあるので、中学受験を考えている場合には、ぜひ一度訪れてみると良いと思います。

得るものや学ぶことがとても多かったです。

良い学習教材は解説もわかりやすい

実はこの3つの教材以外にも、いくつかの参考書や問題集を試してみたのですが、なんかあわない、ということで結局使わず、結局この3つに落ちつきました。

あわなかった理由はどれも、『解説がわかりにくい』です。

自宅で勉強する場合、解説のわかりやすさと正確さは教材選びの肝ですね。

入試本番、こもんがが毎回算数が簡単だったと言っていたので、質よのい教材を使って中学受験の勉強をすることができて本当によかったと思ってます。

なお、他の教科で使った教材については『塾なし中学受験で使った教材と費用は10万円以下〜中堅校に合格した我が家の場合』の記事にまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

また、塾なし中学受験の方法と算数以外の教科をどうやって勉強したかについても別記事にまとめてあるので、参考にしてもらえると嬉しいです。

ホーム

オススメ

スタディサプリ

塾なし中学受験